デジタルマーケティング大学校
日本にもっとデジタル人材を増やしたい!
Webサイト

アクセス解析(Google Analytics)を設定しよう

あなたのビジネスのWebサイトでは、アクセス解析を行なっていますか?
もし未設定なら、今すぐに設定することをおすすめします。

デジタルマーケティングでは、(もろもろきちんと設定すれば)なんでもかんでもあらゆるものが数字データとして出てきますので、それを元に論理的な戦略立案ができます。

ようは当てずっぽうや、根拠の無い手法をとる必要がないので、誰でも最短で最善の成果を挙げることが可能な世界なのです。

そしてその基礎要として有用なのが、ビジネスサイトのアクセス解析です。

見込み客数がどれくらいいるのか、成果をどれだけ挙げられているかが一目瞭然、丸裸にできるこのツールを入れなければ、Webサイトをどのように改善したら良いかわかりません。

Google Analyticsを使おう

おすすめの解析ツールはGoogle Analytics。天下のGoogleが提供する基本無料のサービスです。

トップシェアのツールであり、基本的な解析に必要な機能は全て網羅しています。

またGoogle広告を利用する場合には、その連携も非常に頼もしいです。

こちらを使用するのに必要なのはまずGoogleアカウントです。

Gmailなどで利用されていることも多いかと思いますが、お使いの場合はそちらを使うこともできます。

ただビジネスで使用するのであればビジネス用のGoogleアカウントをひとつ作っておく方が良いのかなと思います。

ちなみにGoogleアカウントを作る際、XXX@gmail.comみたいにGmailアカウントを作らないといけないと思っている方が多いようなのですが、自身が既にお持ちのEメールアドレスをアカウント名にすることもできます(その場合、メール機能は付与されません)。ご参考までに。

Googleアカウントを作成しましたら、Google Analyticsのページに行って、手順に従って、サイトを設定しましょう。

タグをサイトに貼り付ける

このようなアクセス解析ツールで面倒なのは、解析したい全てのページに、タグと呼ばれるプログラムコードを埋め込まないといけないことでしょう。

しかも基本的に、例外なく全てのページに貼り付けされるべきです。

コンバージョンタグを設定する

そして重要なのがサイトのコンバージョンにあたる箇所にコンバージョンタグを設定し、コンバージョン率を計測することです。

資料請求にせよ、ECサイトの購入にせよ、おそらくなにかしらフォームに個人情報を入れさせて申し込みというケースが多いと思いますので、フォームの申し込み完了画面にコンバージョンタグを設置することになるかと思います。

コンバージョンタグは上記で貼り付ける例外なく全てのページに貼り付けされるべきタグとはまた別物のプログラムコードで、そこにだけは両方コードを貼ることが必要です。

タグマネージャーも活用しよう

タグの貼り付けって単純作業ながら面倒です。しかも、Google Analyticsのタグは時々、コードの書き方が変わって、新しいコードに差し替えた方が良いと言われることがあります。

その際に、いちいち全部入れ替えるは大変ですよね。

また、インターネット広告を出稿する際には、媒体が発行するタグをまた別に入れたりしないといけなかったりして、なかなか煩雑なことになります。

しかし世の中には、そんなタグを一括で管理してくれるWebサービスがあり、これが便利です。

例えば、Googleタグマネージャーとかを導入し、設定し発行されるコードを一個サイトに貼り付ければ、裏で、Google Analyticsのタグを張り替えたりとかは設定画面で一気に変えられます。

詳しくは別のページで紹介しようと思いますが、便利なので、特に広告出稿を考える場合に導入をオススメいたします。